TOP

大規模かつ個人単位の視聴ログデータで、テレビをもっと詳しく、もっと深くデータで描き、より質の高いコミュニケーションへ
大規模かつ個人単位の視聴ログデータで、テレビをもっと詳しく、もっと深くデータで描き、より質の高いコミュニケーションへ

Resolving LABとは
About RL

「Resolving LABとは」イメージ

視聴率のDX化に向け、実数データ対応のため
ビデオリサーチが設立した100%子会社
“Resolving LAB”

「視聴ログ」による、テレビメディアの
価値化研究・企画開発を推進いたします

Resolving LABの取り扱う
視聴ログデータの特徴
RL Data Features

「視聴ログデータの特徴」イメージ1

視聴率(※1)を教師データとして、視聴ログを個人単位データに分離

「視聴ログデータの特徴」イメージ2

推計個人1,800万人の大規模な視聴ログデータ(※2)

「視聴ログデータの特徴」イメージ3

約1.5万項目のリッチなプロフィール情報を紐付け(※3)

「視聴ログデータの特徴」イメージ4

外部データと連携し、独自のプロフィール及び視聴分析が可能(※4)

「視聴ログデータの特徴」イメージ5

視聴率水準に補正し、ダッシュボードで閲覧可能なデータセット「RL Basic」

  • ※1:ビデオリサーチが調査・実施を行うテレビ視聴率調査データ
  • ※2:2021年10月度時点
  • ※3:ビデオリサーチ生活者データベース「ACR/ex」とのデータフュージョンによる(ACR/exについてはこちら
  • ※4:個人情報との紐付けは行いません

サービスメニュー
Service Menu

「ダッシュボードサービス」イメージ

ダッシュボードサービス

お客様のPC上でオンラインにて、RL Basicの閲覧が可能です

「個別分析」イメージ

個別分析

お客様の目的に合わせた、詳細な分析を行うことができます

活用例
Examples

「毎日の視聴状況確認」イメージ

毎日の視聴状況確認

ダッシュボードで、日単位での視聴状況をチェック

「視聴者特性分析」イメージ

視聴者特性分析

大規模な個人単位データを用いて、視聴行動と視聴者特性を詳細に分析

「CMプランニング」イメージ

CMプランニング

膨大な特性項目により、CM出稿枠をリーチや態度変容観点で最適化

「枠ファインダでの活用」イメージ

枠ファインダでの活用

TVCM枠の検索・分析サービス「枠ファインダ」にて、RL Basicを利用したTVCM枠の購入申し込みが可能

枠ファインダ

会社概要

会社名
Resolving LAB株式会社(リゾルビングラボ)
所在地
〒102-0075 東京都千代田区三番町6-17
設立年月日
2019年(令和元年)6月17日
資本金
5,000万円(資本準備金5,000万円)
株主
株式会社ビデオリサーチ(100%子会社)
代表取締役
石松俊之
(株式会社ビデオリサーチエグゼクティブフェロー)